Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

ワインレッドの心

第2303回
この人この歌
〜安全地帯〜

芸術協会の重鎮、笑三師匠がお亡くなりになった。
大正生まれの噺家がまた一人…

子供の頃から寄席で笑三師匠がお出になるとワクワクしたし、子供のわたしも大好きな師匠でした。

数年前までお元気な師匠だっただけにショックですね…。

たい平師匠がいまは浅草演芸ホールのプログラムの表紙絵を描いておられますが、数年前までは長年、笑三師匠でした。

懐かしの芸術協会らしい高座を守り続けた師匠でした。
わたしも仕事では数回お世話になりました。
そのとき笑三師匠がおっしゃっていたのが「仕事はいつもやりたくない、嫌いぐらいがいいんです」

はっきり言ってわたしまさに、この精神です、…

だってそうでないと、仕事として出来ないですよ。いまは、趣味ですか? と思いたくなる場面がたまにあり、驚きます。

わたしも出来ればやめたいなって、いつも思ってしまうんですよ…

一席一席ってそういう気持ちでやらんとなかなか難しいです。
だからくたびれます。

笑三師匠に教わったことです。

ワインレッドの色紋付の印象です。
なんとも大正生まれの師匠では華のある雰囲気でした。
ネタですと、「悋気の火の玉」「ぞろぞろ」「さんま芝居」「てれすこ」なんていうちょいと変わった風のネタが多かったし、新作だと「奥様ドライブ」とか、江戸川乱歩作品より「心理試験」なんて噺も随分聴きました。
寄席だと漫談が多かったですね。
「英語版桃太郎」とか「安全地帯」なんてのがありました。

とにかく子供にも分かりやすい、そして、なんら含みもなく、頭を軽くして、ぼーっと聴ける、寄席中の寄席でしょう、笑三師匠は。

落語のここがどうだとか、この噺をこう変えたとか、なんとも愚息なことで酒が飲める時代のようですが、芝浜の台詞じゃないが「魚が嫌いだという人は本当に旨い魚を知らないんだ」ってなもんです笑

漫談オンリーとか、同じ噺をいつものようにやる人がいるから、二つ目で実力あるとか言われている人が光ってるんです。

それ…わからないのかな…笑

先代三平師匠のあの高座があるから、志ん朝、談志、小三治がまた名人なわけでして。
本格派の前に高座に自分か上がる前にピエロになりましょう、ってのがわたしの考え方です。
だって次の人が上手く感じますでしょ。
それが寄席の流れのお客様満足度を上げていく一つの流れではないかと思います。
が、笑三師匠みたいなタイプが去るってのは、ホントにこういう流れを理解してくださる方がまた周りから一人… 消えてしまった、このショックは多大なる、わたしの心をかき乱します。

笑三師匠が上がっている高座が寄席ではない。
寄席だからこそ笑三師匠が上がっているんです。

もっともっと自分の今があるのは、先輩方の自分より前の出番の人の引き立てでいま自分が上手いと言われているんだ、面白いと思われているんだ、これをもっと感じていかないといけないです。

笑三師匠のご冥福心よりお祈り申し上げます。
2018.12.13 Thursday | comments(0) | trackbacks(0)-

露営の歌

第2302回
この人この歌
〜中野忠晴/伊藤久男/松平晃/霧島昇/佐々木章〜


今日は小団治師匠と阿佐ヶ谷で暮れのご挨拶があり、色々とお話する機会があった。
そして、昨日は末廣亭の代演に行き、楽屋で馬風師匠と色々お話した。


昔は個性的な方が沢山いたから楽屋は面白かった。
という話。
になる。
結局いまは高座をどうやって面白くやるか、ばかりが先行し、楽屋でも馬鹿話がなかなか出来ない。
ちょっぴりわたしは寂しい限り。

そんなことを両師匠も思われていたといふことは、やはりそうなんでしょう。

落語をくだらなく聴けるという、ラフさがちとないような気がして、ピリピリ感が多すぎて、ちと楽屋がくたびれるときがある。

その点、先輩と話すと、まさに楽屋ってこうだよね、とわたしの理想がドストライクに響くんです。

馬風師匠が、昔、池袋演芸場ばかり出ていた噺家がたまに末廣亭に出て「ご来場ありがとう御座います。ようこそ池袋演芸場へ」とやっちまった話とか…

お亡くなりになった志ん駒師匠、やはりわたし、楽屋も好きでした。
志ん駒師匠で、好きな洒落は、「たけちゃんね、ずっと昔、紺屋高尾がいたころから便所は洋式だったんだよ」
「え?そうなんですか?」
「そうだよ、和式(わちき)はいやでありんす」
 くだらなくてひっくり返えって笑った。
それよりもわたしだけのためにこれをやってくれたことは今もわたしの財産ですわ笑

小団治師匠が一番好きな洒落があるという。なんですか?と聴いたら、「戦争経験のじいさんが戦後は板橋区に住んでいて、やたら露営の歌ばかり歌っていた。勝って来るぞと板橋区〜」

いいなー。笑
こういう世界がわたしの好きな落語で勝ち負けのない、わたしの好きな寄席であり、楽屋なんです、ホントは。

こんな噺家がいるんだ。落語を聴くときはそれ止まりがより落語の世界の面白さがお客様が広くお楽しみになられる術だと思っております。

もう、この噺をこう変えたとか、そういう時代もちょいと時代錯誤なように思っております。

一周廻って大間でない落語がラフで聴きやすい、そういう時代が新元号になりましたら強く願うところであります。

笑三師匠がお亡くなりになりました。
またその話は次回でございます。
2018.12.12 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0)-

ヒーロー

第2301回
この人この歌
〜麻倉未稀〜

「スクールウォーズ」観てました。

やっぱりこの歌思い出します。

今日末廣亭の代演に行ってきました。
寄席に出演する度に思うんです。

協力芸だってことです。
みんなで少しずつ調整していくってことです。

寄席で目立つのではなく、リレーであります。
トリの方のため、いや、お後の方のため、それが寄席に出るってことです。

寄席に「ヒーロー」って必要でしょうか?
わたしは不要だと思います。
それよりも寄席に「スター」が欲しいです。
ヒーローとスターは違いますし、この日の寄席出演の中で一番面白かった人は誰でしょうか?
は、ホント愚問だと思うし、芸人側の協力芸をお客様が崩壊していくのはおかしいと思うから、やっぱり寄席にヒーローは不要だと思っています。
何故なら出演者それぞれが、みんなその立場立場の仕事をしている。
そこにヒーローは誰だったか…ホント落語の世界に要らないなあ…って思うんです…けど、いま、みんなこういうの好きですよね?笑
よく分かりませんが…

それより、スターが欲しいですよ、やっぱり寄席には。

でも歌には「ヒーロー」が欲しいんですよね。
だから文化芸能も皆様社会と同じで餅は餅屋ってやつなんです、はい。
 
この歌聴くと、ラグビーだ、やっぱり笑
2018.12.11 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0)-

紫匂う地平線

第2300回
この人この歌
〜楠木繁夫〜

「緑の地平線」はかなり流行ったそうですね、戦前。
楠木繁夫ここにありの歌唱であります。

「紫匂う地平線」とか「紅燃ゆる地平線」なんて歌がそのあと、戦後、楠木繁夫さんで出るってのが「緑の地平線」の夢よもう一度、というあたりです。

でもやはり「緑の地平線」には及ばずといった感じだったようです。

なかなか次に続け、が、難しい。
もちろん続いたものも沢山あるが、人気だったものを人気のまんま続けるッテのが難しい。
よく落語会でも「この会は続いている」なんて豪語したところで、満員であるから続いているとかでないのであれば、続けることは容易である。

あくまで人気を保つ続け方のみがこのあたり威張れるわけでして…笑

そのあたりの勘違いをしてはいけない、楠木繁夫さんの戦後の苦悩はいかばかりか…であります。

細く長くといふ言葉があります。
これはとてもいいですよね。年に1回の会であるとか、2年に1回の会。
細く長く…結局、これが一番であります。

深夜番組から人気が出たからゴールデン番組に移行。
そのあとの人気持続ってホント大変だと思います。

毎朝駅前を掃除する。
その精神力って大変だと思います。

続けることは大変であります。
今日は末廣亭の代演に行きますが、そう、寄席って形態をいまのこの平成も最後になろうといふときに守っている、それはそれは大変なことです。

では、みなさん、今週もお元気に参りましょう。
2018.12.10 Monday | comments(0) | trackbacks(0)-

お富さん

第2299回
この人この歌
〜春日八郎〜

今日は地噺を考えます。
というのは、昨日、東京電機大学の院生の皆さんのプレゼンとコミュニケーションというテーマでわたし行ってきました。

まあ、ハッキリ言うと、地噺で説明しちゃうのが一番早いんですよねー。

昨日の楽屋での話。いま、若い方よりも先輩方に多いと先ほど聞いて驚いたのが、押し付けコミュニケーションだそうな。
つまり、普段、自分が気持ちいいと、相手にどんどんコミュニケーションを取ろうとして、時には、相手の対応が素っ気ないと、ブーブー言う。そのくせ、自分が気分悪かったり面白くない場合、相手から連絡が来てもあんまり返答しなかったり…
あー、そうなんですね…気をつけないといけないな、なんて思いながら聞いていました。
そんなときは、たけ平サンハ、どうしますか?と言われて…
うーん、そーですね…ほおっておけばいいのでは?かな、笑。
だいたい、コミュニケーションをあえて取る必要性はないですよ、なぜなら、取る取らない以前の問題で、コミュニケーションの「破綻」でしょう、既に相手が。
ってことなんです。
なんて、昨日、楽屋で色々話していました。



地噺のこれもまさに手法ですもの笑

こりゃやべえな、ってときは、お客様に対して高座中回答を求めたり、賛同を求めたり、する?するわけないですよ笑

ってことです。

コミュニケーションを持たないってのは寂しいし悲しいけど、持つと余計、寂しかったり、悲しかったりする場合もあります。

ならば、もたない。
これもまたわたしは大好きです。

大好きというか、そうでしょう笑

いま、市馬師匠宅で色々とお話をしていました。
年末、会長は春日八郎さん、歌いまくります笑

ご苦労さまです…笑

「お富さん」をこさえた渡久地先生は、「自分が気にくわないから全ての機能を止めるやつが一番嫌いだ」とおっしゃっていました。

自分が気にくわないから、もうこれをしない、とか、なんか陰気でだ…と、渡久地先生の言葉です。
まあ、ホントそれしかないですよ。
わたしと大いに賛成ですもの笑

「お富さん」の中にはそんな思いも含まれているのかな、そんなことまで考えてしまいます。

さあ、年末もお賑やかに、「お富さん」歌唱/春日八郎さんです。
2018.12.08 Saturday | comments(0) | trackbacks(0)-

若いお巡りさん

第2298回
この人この歌
〜曽根史朗〜

昨日は綾瀬警察署で表彰を受けました。
その授賞式に行きまして。

あちらに行ったら必ず聞きたいことがあった。
「みなさんは、二時間サスペンスを観ますか?」である。

これが案外、みておられるそうで…

また、先輩たちのころは「太陽にほえろ」、いまの若手は「踊る大捜査線」を見て、お巡りさんになりたい、と思うということで…こりゃまた時代は変わらないもの。

だから、案外サスペンスものというのも貢献している部分があるようだ。

そして、全ての部署を今回は案内してもらった。

かなり数多くある部署、5階の最上階のヘリポートから全て、留置所に至るまで、全て…

案外、うまーく出来ているなあ。ドラマってって、思ったりして笑

でも内覧は本当に緊張しました。
特に刑事課。そのピリピリ感たるや、怖かったですもの。
かなり貴重な経験をしました。

若いお巡りさんを見るとものすごく夢を持っているように感じるのはなんでだろうか?

曽根史朗さんの歌でいきましょー、ご存じ「若いお巡りさん」です。
2018.12.07 Friday | comments(0) | trackbacks(0)-

炎〜平成〜

第2297回
この人この歌
〜冠二郎〜

今日はコロムビアマンスリー歌謡ライブの司会でした。

冠二郎さん、北見恭子さん、清水節子さん、走裕介さん、朝比奈あきこさん、門松みゆきさんのご出演。

来年平成も終わるわけで、今日ステージ聴いていて、そうか、冠二郎さんの「炎」ってうた、平成なんだよなーってつくづく思ったし、北見恭子さんの「紅の舟唄」だって、シングルカットされたのが確か平成五年。

そうなんですよねー、平成初めだって、そりゃ、もう、懐かしいわけでして…

ここでまた元号が変わる…

おやおや、私ら昭和世代は次の元号のときは、今で言うとバタヤン復活の紅白歌合戦の司会の台詞じゃないが、大正の男なわけであります。笑

冠二郎さん、久しぶりにお会いしましたが、とにかく楽屋が明るくなる。
そして、あの気遣い…

ビッグな方は違いますよ、ホントに。
冠二郎さんはおっしゃいました。「師匠ね、俺は前にしか見ないんです。

冠二郎さんの世代の方のこの台詞は響くものがありますよ。
今日もお元気でした!
年末、今年最後のマンスリー歌謡ライブにふさわしい、冠二郎さんの明るさはエネルギーをいただきます!

さあ、もう、この歌だって懐かしい…「炎」冠二郎さん歌唱、平成の演歌革命に一役買った歌でしたね。
2018.12.06 Thursday | comments(0) | trackbacks(0)-

恋の山手線

第2296回
この人この歌
〜小林旭〜

高輪ゲートウェイ駅だそです。
考えてみりゃ、うまいです。
当然、批判もある。で、だから話題になるけど、おかげで覚えちゃったよ…笑

くそー!

だからうまいっていや、うまい笑笑


でも、なんだかねー…一番わたしが嫌いな感じですわ…
とーってもセンスが…笑、ね。

高輪駅
良かったあ

芝浦駅
いいなあ…


シンプル、もしくは、昔ながらの、もしくは、簡易、というのがどんな時代でも結局受け入れられる。

でもいま、なんですかね?誰が決めてるのかな、?

東武スカイツリーライン、なんで、東武伊勢崎線じゃダメなんですか?
東京スカイツリー前って…

業平橋駅とっても素敵な名前でした。

という、たぐいと今回また違いますでしょ…
高輪ゲートウェイ駅
ね…

まず、安っぽいわ。
貫禄が無い、笑

林家たけ平、貫禄が無い

ゲートウェイって…
高輪入口って名前なんでしょ、つまりは。

どうやって決めたのね…
偉いおじさんたちが集まってお洒落だお洒落って決めたのかしら、盛り上がって…
んー、センスがとにかく、、、、、、なんか、恥ずかしいです、、、。


とはいえ、これだけでなく、最近の合併した町の名前とか、新しい駅とか、もうとにかく許せないくらい、いやーな、名前とか、、…
おっといけない、ダメね、こういうこと言っちゃ。

でもね、もっと、このね、あの、…
んー、もういいか。

小林旭さんの「恋の山手線」にはまた入っていない駅の誕生です!

鶯谷駅、とっても素敵な名前でしょ。

高輪ゲートウェイ駅ね。笑
2018.12.05 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0)-

東京娘

第2295回
この人この歌
〜藤山一郎〜

昨日、群馬沼田の居酒屋で、BSの歌謡祭をみた。
いいねえ…年末が近いなー、しみじみ思う、「舟唄」や「星影のワルツ」でありました笑

よかったなあ、と思うのは、曲目が出るテロップが、むかしの「なつかしの歌声」みたいな手書き風テロップだったのがたまらなく興奮したのであります笑

この興奮が居酒屋で伝わらなかったのが残念だけど、一人で興奮していました笑

そして、「東京の花売娘」とか、「東京ラプソディ」なんかの「東」の字の崩し字がたまらなく頭をよぎるのであります。

やっぱり手書き風は興奮する。
臨場感が歌に生まれて、そして、味がある。
ああ、歌を聴きたいと思うんです。

そこには、大衆芸能歌謡曲といふ言葉がぴたりとはまる、手書き風なんです。


各局、テロップは手書き風で御願いしたいくらいだ。笑

「東京娘」って唄が藤山一郎さん歌唱でありました。

群馬から上野駅に戻ってきました。
今日は打ち合わせが2件あります。

うん、今夜は流行歌三昧の頭の中になりそうな予感だ…笑笑

手書き風テロップ、たまらないです、はい。
2018.12.04 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0)-

しあわせはどこに

第2294回
この人この歌
〜初代/コロムビアローズ〜

なにをもって落語の高座を良しとするのか。
これはなかなか正解はない。
どんなポジションでもお客様に合わせるネタをやるのか、トリはトリらしくやるのか…

文朝師匠は生前、よく寄席でトリをとると「子ほめ」でバラしていたことがあった。
なんとも素晴らしい笑
前座噺でばらすなんざたまらない名人芸ですよ!

聞いたところによると、彦六師匠も「寿限無」でばらしたり、末廣亭で志ん朝師匠が「時そば」でばらした、これは観ていた。
本来、噺家の究極はここだと思います。
これができるようになったら噺家として一人前だと思います。

残念ながら、わたしはそのいきには到底達せず、人情噺でなんとかばらしている。
でも下手なら下手なりに、と、先代小文治師匠の言葉じゃないが、全くの話でして、下手なら、一生懸命やらんとお金もらえないですよ。
わたしも上手くなるまでは、このスタンス続けるしかないですね笑

でも、本来はそんな軽い噺でばらせたらと思う。
いま、お客様が妙な錯覚で、トリは大ネタを…みたいなね…笑
あれ、いつからそうなったのかしら、間違いないのは、近年であることは間違いないです。
そして、現代的感覚のお客様が増えたことも間違いないです。
トリだから大きいネタ?実はこんな日本語はないわけでして…笑

大ネタであろうと、軽い噺であろうと、喜んでいただけたら幸いであります。


何をもって幸せといふのか、人生はとても難しい、そりゃそーです、落語一つとったって難しいんですから笑

群馬に向かってます。
初代コロムビアローズさんが群馬です。
「しあわせはどこに」お送りして、おはようございます。
2018.12.03 Monday | comments(0) | trackbacks(0)-

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.