Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

お月様には悪いけど

第2254回
この人この歌
〜神楽坂はん子〜

今日は神楽坂の鳥茶屋さんで、独演会でした。
わたしにとって、浅草銀座同様、のべつ行っても好きな町、神楽坂であります。

あの石畳、ただの石畳じゃない。
路地といふ路地、裏口といふ裏口に至るあの石畳と造りは、いま流行りの効率化といふ事務的流れを反発するかの如く、我が道をまさにいくのです。
平成の次の元号の足跡が聞こえてくる昨今、それでも変わらぬ雰囲気を守ろうとする地域の方のご苦労たるや、花開いております。

お月様には悪いけど。
神楽坂が生んだスター歌手、神楽坂はん子さん歌唱です。
確か日活の映画になったと思います。
はん子姐さん演じます役どころは、一種はまり役ではないかなと思う、あの恐妻ぶりがたまらない。
単なる恐妻ではなく、それでいて、どこか色っぽい、これたるや、神楽坂といふ町がそうさせたように思いますが…

確か、力道山や古賀政男、日活の社長まで映画にちょいと出てくる作品だったと思います。

この頃の歌ってのは、好きなのは、ちゃんと月にまで様を付けるところだ。

乱暴な口調を批判する昨今の浅き文化論には閉口するが、乱暴な口調ほど、箇所箇所に丁寧な言葉を入れるから成立をする日本独特の文化であります。

白黒なんざハッキリ出来ないものがあるから、品格があるとするものもあるんですよね、日本文化論には。

寅さんじゃないが、「それを言っちゃおしまいよ」の台詞は何故に日本的なのか。
ハッキリしなきゃいけないところはハッキリしなきゃいかんけど、ハッキリしなくていいところがあってもいいじゃないか、が、総括して、「それを言っちゃおしまいよ」なんだと思います。

下町気質ってのは、ホントに素敵な文化で、また、その根底から出来た芸能が落語なわけで、グレーなところを味わう時代は古いんでしょうか、何でもハッキリさせちゃって、そんな暮らし楽しいかしら?笑

そんな発言を今は亡き浮子子姐さんから聞いたとき、こんなにも共感出来ることを芸者さんは思っているんだとえらく感激した記憶があります。
さあ、神楽坂はん子さんの登場で、わたしは就寝したいと思います。
明日も2カ所。
おやすみなさいー。
2018.10.20 Saturday | comments(0) | trackbacks(0)-

おんな占い

第2253回
この人この歌
〜南有二とフルセイルズ〜


今日は東京ボーイズ先生にお仕事いただき、茅ヶ崎市民文化会館の緑座寄席でした。

歌謡漫談といふ昔ながらの芸種でまさに寄席芸人中の寄席芸人。
落語芸術協会の重鎮の色物の先生方です。

来年55周年だそうな…

東京ボーイズ先生にはことあるごとにお仕事を二つ目の頃からいただいています。
楽屋や打ち上げは勿論、帰りの電車まで一緒といふのは、寄席芸人の若手にとって、東京ボーイズ先生との時間はホント宝物なんです。

特にわたしのような落語協会の芸人にとっては、なかなか寄席では協会が違うのでお会いする機会がないからホント嬉しい。

昔、落語協会と落語芸術協会で定期的に新宿の厚生年金会館で合同公演があったのを覚えておられる方はホントの寄席好きな方だと思います。
あの合同公演を見に行く方は寄席の醍醐味を充分にご存知の方です笑

チャリティーの両協会の合同公演で、落語協会と落語芸術協会の超有名人と重鎮だけを集めた合同公演!!

この公演だけは、各人終わるごとに司会が出てきて次の方を紹介する方式だったようです。
わたしは見たことないんです、だってもうこの公演自体が無かったので…

ただ、伝説の公演だったのは語り草でございます。

昭和五十年代は、司会が何年か続けて東京ボーイズ先生だったようです。

圓生、先代助六、先代小さん、米丸、彦六、柳昇、先代三平、等等の番組で、寄席合同公演ですから、色物の先生方も千代若千代菊、三球照代、檜山さくら、等等の大重鎮ばかり…

絶対行きたいでしょう、これ笑

で、落語が結構てこづったそうです。
なんせ厚生年金会館、キャパが大きい。
だからとにかく先代三平師匠が圧倒的に受けたそうです。
まず出てくる途端にお馴染みの雪駄飛ばしを客席にやる!
そして「その雪駄返してください」で一気にお客様の心を鷲づかみ。
袖で東京ボーイズ先生、みていて、ホントに鳥肌立つくらい受けたそうです。

こういう話、やっぱり貴重ですよ。

さあ、東京ボーイズ先生の売り物といえば、謎かけ問答ですねー。
謎かけ問答の歌は、「おんな占い」の替え歌です。

だから噺家同士でカラオケ行くと絶対「おんな占い」誰か歌って、普通に歌ってるんだけど二番くらいから、「東京ボーイズを謎かけ問答で解くならば種をまかない畑ですーいつまで経っても芽が出ない〜」って歌詞でどうしても歌ってしまうサガですわ笑
2018.10.19 Friday | comments(0) | trackbacks(0)-

踊子

第2252回
この人この歌
〜三浦洸一〜

熱海に行くときのルートを問われれば、なんの変哲ともない面白味のない男が露呈してしまう。
新幹線である。
先方から新幹線代がもちろん出ているからそれを利用する。
しかし、これも考えようで、悪いこととは知りながら、鈍行で行き、浮かせようなんて芸人らしいところも微塵もないし、朝、何度も思いますよ、今日は早めに出てゆっくりと東海道線で熱海まで行ってみようではないか、と思っても、その時間的余裕がない。 

で、いつも魅力的になるのが特急踊り子である。
所要時間は東海道線と然程変わらぬ30分くらい違う程度か。
これが新幹線だと圧倒的短時間となるから新幹線の魅力もバタバタしているときにはよーくわかる。

それにしても、ドンと構えて特急踊り子でも乗って行きたいなーという気持ちもあります。
気持ちがある、ってだけでなかなか乗れない笑

昭和56時に踊り子が誕生しました。

特急のあかぎと、急行の伊豆が統合され、一般公募で、踊り子が誕生しました。

帰りは茅ヶ崎に今日は行きます。
熱海から小田原まで踊り子で出る…という画策も本日はございます。

さて、歌のほうは、三浦洸一さん歌唱の「踊子」がやはり浮かぶのであります。
2018.10.18 Thursday | comments(0) | trackbacks(0)-

与作

第2251回
〜北島三郎〜

中席の怒濤の日々が終わらない…

このスケジュールで寄席ってのはなかなか大変なことで…笑

今日も柏を終え、滑り込みで浅草演芸ホールでした笑。

カツカツにやっていると、その仕事の支度があると、どうしても日々夜半になってしまい、まあ、悪循環たるや、我が身悪いんだけど、つまり、寄席出演ってのは、ホントぎりぎりにならないとわからないもんだから、普通に仕事やるだけなら然程疲れないが、この寄席出演をムリクリ突っ込んでいくもんだから、どうしてもこういうスケジュールになってしまうことは仕方ない…

「与作」って歌ありますでしょ?あの歌ね、わたしには、相当気が休まっているときしか聞けないんですよ、笑

へいへいホーなんざ、のんびり味わいたいメロディですわ笑

なんというか、呑気というか、いいですよねーこのメロディの時間の使い方ってのかな、表現する世界の時間の使い方が上手いんです。

まだまだダメですねー、わたしは。

でも難しいのは、そう、そうなんですよー、やっぱり寄席が好きなんです笑

だからやっぱりやめられないか…
寄席はそれだけ、なんかこう、ひきつける魅力ってのがあるんですよねー

だから寄席の空気、こりゃ好きなわけで、寄席ってのは、そう、なんですかねー、合間をこさえてでも出たくなる、そういう芸人にとって不思議な境地なんです。

さあ、皆さんもぜひとも寄席にご来場くださいませー。

「与作」歌は北島三郎さんです。
千昌夫さんも歌いましたねー。
2018.10.17 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0)-

悲しくてやりきれない

第2250回
この人この歌
〜ザフォーククルセダーズ〜

昨日、「死ぬなら今」初演。
初演かどうかイマイチわからない。
やってないのかなー、やったのかなー。
ネタが増えてくるともはや何をおろしたのかよく分からないこともある。
きのう一緒だった市楽さんも楽屋で同じことを言ってた。
そう、口演したことがあるような気がしたんだが、ノートがないとか、やったよなーと思っていたら、やった気になっているだけで全く初演だったり…まああてにならない笑

「死ぬなら今」ってのは地噺です。
わたしは、この噺は「哀しみの地噺」と勝手に呼んでいます。
理由
‖召涼枠犬茲蠱量湘拂磴
同じ地獄を題材にした地噺ならみんな「お血脈」をやる


つまりですね、損してるんですよ、この地噺は…。
そして、それほどパンチがあるわけでもなし、笑
うーん、悲しい、哀しい、実に可哀想である。

この噺は出所は上方で、先代正蔵の彦六師匠が東京に持ってきた噺です。

私も数ある地噺をやっているが、この噺に手がかかるとああ、地噺もいよいよ、もうないかな、の手前まで来ているように思う。

愚にも付かない地噺の数々であるが、地獄ものの、地噺として、お血脈を通り越してここまでくりゃあ、もう、これ以上ナンセンスなものはないでしょうか笑


だからこそ、思うんです。地噺ってのは、あんまり稽古しちゃいかんのです。
まあ、はっきり言うと、こういう噺をカッチリ稽古してやった日にゃ、悲しくてやりきれないですわ笑

まずカッチリしたら逆につまらないでしょうし、第1、下げだけ間違えなきゃそれでいいわけでして…

まあ、落語らしいそのモデルみたいな噺だとは思っています。
思いっきり遊びたいとき、もしくは、なんかあって悲しくてやりきれないとき、ふと、こんな噺をやりたくなる。
落語家だとよーく分かると思うでしょーねーこの気持ち〜。笑
2018.10.16 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0)-

黒田節

第2249回
この人この歌
〜赤坂小梅〜

いま福岡にいます。

どうしても福岡というと、赤坂小梅さんとなります。

熊本民謡「おてもやん」も小梅姐さんですが、福岡の「黒田節」もやはり小梅姐さんでしょう。

先日の大分もそうですが、とにかく九州ってのは、東京の落語家はホントに仕事が多いでーす。

有難い限りです。
九州と全く関係ないですが、先日、木久扇師匠の素敵な言葉を聞きました。
「人生は午後からが美しい」。
好きな言葉です。

人生は午後から。つまり、人生歳をとった後半になればなるほど美しく生きなければいけないという意味なのと、人生後半が面白いよ、って意味です。

木久扇師匠いわく、「人生後半、つまり歳をとったら、男女問わず美しく生きようじゃないか。下品な生き方はせっかくの自分の人生にケチをつけるようなもの。かわいい年寄りで死んでいきたい。どんなに自分を持っていても、結局、歳をとったら、自分を持っていることより可愛がられないと人はついてこないから」だそうな。
だから総括して「人生は午後からが美しい」となるそうです。

以前、二つ目のころ、福岡に木久扇師匠と仕事のときにそんな素敵な話を聞いたのを思い出しました。

では、赤坂小梅さんの素晴らしい、「黒田節」をお聴きください。
2018.10.14 Sunday | comments(0) | trackbacks(0)-

だから云ったじゃないの

第2248回
この人この歌
〜松山恵子〜

学校寄席ってのは、まさにネタ選びは。だから云ったじゃないの〜です。

「初天神」「つる」「転失気」「子ほめ」「牛ほめ」「狸」「生徒の作文」あたりがわたしの持ちネタでは最高にやりやすい。
これは間違いないです。
そして、チョイと慣れているとここに「たらちね」「お菊の皿」「秘伝書」「みそ豆」「寿限無」「時そば」あたりが入ってくる。
寿限無は案外、難しい。
何故なら子供たちがよく知ってるから間違ったら大変だから、という個人的理由です笑

それにしても良く、笑ってくださいます。
すれてないのと、創造力の逞しさってのは、大人かなわないかもですよー。

このネタあたりを噺家はやるんじゃないかと思います。
で、終わるとついつい、だから、云ったじゃないの〜となるんですわ笑

これ以外の冒険は出来ない、学校寄席のお決まりパターンであります。

お子さんが喜んでくださればそれが一番ありがたい。

早いなんて…うん、吹き飛ばない笑ー、ねむいー。

では埼玉みよし、そのあと浅草演芸ホールと続きますー。
2018.10.13 Saturday | comments(0) | trackbacks(0)-

小島通いの郵便船

第2247回
この人この歌
〜青木光一〜

今日大島から帰船。
それから浅草演芸ホールに行きましたから流石にくたびれました…。
船って乗ると慣れてないと案外体力いるんですねー。

わたしも年に1回程度、大島に行くくらいしかちゃんと船に乗りませんから、やっぱり慣れてない。

船内を、みると島民の方のように船に慣れている人と私のように慣れてない人がなんとなくわかるのが面白い。

慣れてる人はソッコー寝ますね笑
もう飽きてる笑

わたしなんざあんまり船弱いくせに一応海の景色見るもんだから着いてから弱いわたしなんかはちょっと気持ち悪くなる笑

なんか、となりのお姉さんも乗った途端に彼氏とワーワー騒いでましたけど、着いたら「あたし、気持ち悪い…」なーんてやってましたから、よーくわかる笑

そして、弱い人ほど、変にはしゃぐんだよなー自分がそうだから笑

島は神秘的ですよ。
もちろん、島についてからほうぼう見ると尚更ですが、やはり、船の過程ってのは神秘的だ。

なんとなく人と離れていく心持ちがある。
しかし、美しいんだ。

美しい中の寂しさってのかな、船ってのはいつの時代にも人と船との関係は変わらない雰囲気を保っているんです。

行きも若夫婦が子供抱いて竹芝から船にのり、大島着いたら港におじいちゃんおばあちゃんが迎えに来ている。

当たり前の光景ですが、船、港、海という3点が揃った瞬間(思えばだいたいこの3点はセットか笑)、勝手にドラマを生むんですねー。


再会という微笑ましさの中にどことなく寂しさがあるんですよー、再会しているのに。
郵便船が主流だった時代を考えると、仮に、恋人が島にいて、まあ、いわゆる遠距離恋愛だ、その恋人からの手紙がまた区内みたいにすぐは着かない。

今か、今かと待ち焦がれる彼女は見たことなくても、きっと美しいのではなかろうか、と想像するんです。

ドラマを生むんではなく、ごく当たり前の日常なのに、それですら、わたしには美しくも悲しく聞こえるんですねー。

さあ、青木光一さんの登場です!ヒット曲の一つ、「小島通いの郵便船」お送りいたします!
2018.10.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0)-

東京の人さようなら

第2246回
この人この歌
〜島倉千代子〜

昭和31年でしょうか、東宝の映画です。
島倉千代子が大島のまさに島の娘です。山田真二さんでしたっけ?お相手は。

ヒットは翌年だったと思います。

いま、伊豆大島にいます。
今日は、大島でまさにアンコ椿で、林家あんこんさんが大島で独演会をやっているのですが、そのゲストで出演しました。
明日は毎年お邪魔している大島のつつじ小学校の学校寄席をやりまして、都内に戻ります。
いま、大島、ものすごい雷雨…というか、雷の音が凄すぎますー。
船で渡りますと、東京都内ですが、なんとなく東京の人さようならって感じになるのがまた島の魅力ではなかろうかと思います。

おやすみなさいませー。

2018.10.11 Thursday | comments(0) | trackbacks(0)-

センチメンタルダイナ

第2245回
この人この歌
〜笠置シヅ子〜

新宿末廣亭の10月上席の高座も一足早く私は千秋楽を迎えました。
上席もご来場のお客様には心より御礼申し上げます。
有難う御座います。

10月中席は浅草演芸ホール夜席。下席は休席をいただいています。
そして、11月上席は二日間だけ国立演芸場の昼席、夜席は浅草演芸ホールの夜席のトリをつとめます。

まだまだ寄席出演が続きますが、とにかく新宿末廣亭って寄席はブルースであるとか、センチメンタル的な空間で、戦後すぐの寄席の色合いを一番未だに残している雰囲気がございます。

笠置シヅ子さんの歌唱で戦前、確か「ラッパと娘」(ちなみにこの歌、笠置シヅ子さんの中で私は一番好きだし、笠置シヅ子らしいとはこの歌と思っています)のあとに「センチメンタルダイナ」が出ました。

間違っていたらすみません。
この歌は前半の哀調と後半のスイングが一つの歌になっています。

センチメンタルダイナって歌を聴く度にまさに平日の末廣亭なんですよねー。笑

前半のなんともいえぬ寄席の味と後半の番組からぐーっと来るあの雰囲気。
もちろん、時と場合で日々変わるのが寄席ってとこですが、往々にして末廣亭の平日昼席は前半と後半がセンチメンタルダイナであります。

わたしが寄席通いしていた小学生の新宿末廣亭の昼席のイメージってのがなんとなくあるんです。

前半二つ目さんのあとあたりにすぐに重鎮先代さん助師匠が出まして、かるーい噺と夕暮って踊りね。
東笑子京二先生によるいかにも東京漫才といったスマートな音曲漫才。
そして、前半の1時台になると、円菊、先代小せん、扇橋といった大正から昭和一桁の幹部がさらりと。
そんな末廣亭の昼席の前半がわたしは好きでした。

雨なんざ降ったもんなら、またその雰囲気はひとしお。
たまらない味があるんです…

あと、前半の話を続けると、音曲で二代目の三亀松師匠ね、あと、奇術なら菊代先生だ。
そして、講談の貞丈先生らも昼席前半の末廣亭って雰囲気があって好きでした。

思えばみんな大ベテランオンパレードが寄席だったわけで、世代交代はいつの時代でも仕方ないことですが、出ていてなんですけど、ちょっぴり今は寂しいかな、わたしのように子供の頃から寄席通いしていると、ホントにそういう寄席芸ベテラン組を何度も何度も観ていたわけですわ。

それぞれに、役目が暗黙のうちにあったし、今よりも前半と後半のそのいい意味での温度差ってのが、たまらなくございました。

ああ、新宿末廣亭ってこういうイメージだったんですよ、わたしには。

お楽しみはあくまで後半、といわんたばかりの寄席番組のさらりとした前半の進み方がまた魅力的でした。

そんな夢のような新宿末廣亭に出演できる日が来るなんて…まあ、寄席は各所わたしには夢のような高座なんです。
だって、もれなく各所、小学生のころから通っていた、あの寄席ですよ、そりゃそんな人間が出る側にまわった日にゃ狂喜乱舞は当然の如くであります。

いまは、番組が若い!笑
何度も申し上げますが、ホント自分が出ていてなんですけど…笑

これはそういう時代的流れで、落語の世界だけでなく、学校の先生などにも言えます。
歳廻りがいま丁度そういう時期なんでしょう。
いわばたまたま仕方ないことってやつです。

し、しかし、お楽しみはこれからで一度世代交代の新陳代謝をいたしますと、寄席はまたその代謝後メンバーで寄席を守っていきます。
だから数十年後の新宿末廣亭が楽しみなわけです。
そのためには今の寄席を観ておく必要性が大いにあります。

だからこそ、今だからこそ、いつも以上に寄席へのご来場をオススメいたします。
2018.10.10 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0)-

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.