Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 浅草物語 | main | みどりの青春 >>

マドロスの唄

第1816回・この人、この歌

〜岡晴夫〜

先日、浅草演芸ホールの楽屋で種平師匠が「いやあ、今日は、外、ムイサー、ムイサー」って言ったから思わず笑っちゃった。


洒落で使う人はいますでしょうが、本気の通常の会話で、当たり前に使われていて嬉しくなった笑

「え?羽織紐、ついてない?バイヤーだね、それ」
不思議なものだ、ヤバイと感じないな、バイヤーと来ると笑


当たり前に使っているもんだから、変換、早い、早い…。

なんだか、わたしゃ、暇だったから、種平師匠に、じゃあ、これは、じゃあ、これは、となんでも変換させちゃう笑

落語やる→ごーらくるやー
よく笑う→うーわらくーよー

だってさ…笑

もうなんでもいいんだな笑

くだらないのは、

りーとーぺーさん

だって

「トリ三平」

くだらないね、どうも笑。そこまで変換しなくたっていいですよ、こっちはいちいち会話で頭廻すのくたびれちゃって…

種平師匠は男気のかたまりです。
わたしはスキですよ。
また、歌もわりあい、男歌を好まれます。

オカッパなんざ歌ってほしいなあ、種子島のお生まれだからですかね、失礼ながら、海の男歌がまたぴたりときます。

さあ、映画主題歌にもなりました、オカッパ歌唱、ロスマドの歌、おっと失礼、「マドロスの唄」であります。

って、あの変換ズーっと聞いていると、なんだかわけわかんなくなっちゃうんですよ。

これからも、歌のグーブロ宜しくお願いします笑
2016.12.18 Sunday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2019.08.20 Tuesday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2416

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.