Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< ブルースを唄う女 | main | 私のハートはストップモーション >>

雨のオランダ坂

第1897回・この人、この歌

〜渡辺はま子〜

雨の降る寄席通いは難ではあるが風情もある。

寄席芸人なら誰しも感じる、雨の中の寄席通いの落ち着く我が身。

今日も池袋演芸場、やっぱりお客様が結構おいでになっていた。

ちなみに明日は池袋演芸場のわたしの出番はちょいと変更になりまして、2時15分上がりになりますー。

3月17日は池袋お休みいただいています。

花粉がはげしく、セリフを飲み込みがちになるのと、地噺のリズム、間が、狂いがちです。
雨が降ると少しは楽だが、またやんだあとの一気飛散を想像しただけでかゆくなる笑

この歌の終わりでないが、花粉軍にとりましては、なかなかの恵みの雨、思わず、雨の日よ、雨の日よ〜と歌いたくなる。

「雨のオランダ坂」、松竹映画ですかね?「地獄の顔」の主題歌のひとつ。

唄うおはまさんといえば、「支那の夜」、「蘇州夜曲」、「桑港のチャイナタウン」、「あゝモンテンルパの夜は更けて」あたりが出てくるが、この「雨のオランダ坂」もヒット代表のひとつ。

おはまさんの歌声は体調の良いときに聴きたい笑

雨の日ですから、皆さん、お足元などお気をつけくださいませー。
2017.03.14 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2017.06.22 Thursday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2501

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.