Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< フランチェスカの鐘 | main | ネクタイ屋の娘 >>

あの夢この歌

第1933回・この人、この歌

〜二葉あき子/霧島昇〜

いま上野鈴本演芸場と浅草演芸ホールに出演中の4月中席です。
上野鈴本演芸場の今の出番のところで昨日は「紀州」をやってみた。
良いんです。つまりどういうことかといふと、わたしの今の出番がトリの方の3つ前。
いよいよ寄席も佳境のところだ。
有難い出番です。
で、この位置の「紀州」はいいなあと思いました。
この噺って後半の後半からサゲまではあまり笑わさない方がよい、つまり、しめるところが噺にはありますが、「紀州」は珍しいタイプで、サゲ間際のところからサゲまでがしめるところ。
だから、ガチャガチャしないで次に渡しやすいんです。
しめてサゲる、「紀州」は近年あまりやらなくなったから今まであまり気がつかなかったんです。

寄席ってのはやはり勉強になります、はい。


そういえば、最近、むかしよく行っていた店で食事をしようとしている。

といふのは、こうやって寄席に入ることが続くと、その前後に仕事や用事を入れるようにしていて、どうしたって、昼飯は外、といふことになる。

ちょっと、好きな店、よく行った店を思い出してみる。
あくまでわたしが好きな店回顧。人の舌はそれぞれですから。

上野はね、トンカツが多いんですよ、わたし。武蔵野によく行った今も行く。井泉もよく行く。二葉も良かったが今はどうなっているのか。
上野には良い中華料理屋で二三太郎って店があった。ここで最初に食べたときなんて旨い店なんだろうと思ったが、次に行ったら残念無かった。
小満ん師匠とも二三太郎は行ったなあ。いい店だった。
円蔵師匠と行くとほとんど天麩羅の天庄が多かった。こりゃもう黒門町が天庄でしたから、わかる。

わたしが子供のころ、上野で特別なときに行ったのが鰻「亀屋」、洋食は「黒船亭」と「さくらい」だ。
3軒とも咄家になっても行くようになるとは思わなかった笑

むかしね、亀屋の上に、マザーズオブかまくらって店があって、わたしはよくそこに鉄板焼たべに行ってました、名店だったなあ。

浅草で好きな店は、まず、ヤキカツの桃タロー、下町の味。それからゴロゴロ会館の方にいまは無き、大坂屋レストランがあった。
いろんな洋食がある町だが、わたしは大坂屋、良かった。
浅草って沢山ありますでしょ?咄家らしい店も。でもそういうはあえて抜くと桃タローかな笑

駒形どぜうは、もう当然素晴らしき。
鰻はむかしね、色川って店があって、抜群でしたよ、親父さん亡くなって閉めたのが惜しい。レベルが高過ぎましたからね。
初小川って鰻屋さんも好き。
味噌豆のお稽古をお願いされ、稽古したあとは必ず初小川に連れていく。
味噌豆をちゃんとメニューに置いているから。

飯田屋のどぜう、有名だけど、あそこの鰻も旨いんだ。

池袋、あんまり、わからない。ジュンク堂って本屋の脇入ると大好きな武蔵野うどんがある。あそこ、武蔵野うどんで一番すき。
よく小円鏡兄に会いましたよ笑
あと池袋演芸場の近くにある中華料理屋さん。肉炒飯ってのが旨くてね、わたし、よく土産にしました。さめても旨い。いまは知らない。
新宿は、イマイチわからない。
あまり新宿で食べないで、どこかに移動しちゃうから。
ロールキャベツよく食べましたよ、アカシアって店。わたしはすき。

寄席をぐるりとやりましたから、国立演芸場もか笑
半蔵門ですね、わたしの中の最高は天麩羅のいな菊だ。
鮎が泳いでいる状態で揚げられた姿、なかなかない。
さあ、ここから地域めちゃくちゃ、思い出すままに行こう。
トンカツゆたかにビーフシチューのぱいち、ともに浅草。
ビーフシチューって言えば銀座の銀之塔、あゝ、銀座に入りました。
イタリー亭、雰囲気から吸い込まれた、あとお馴染み煉瓦亭か。
よし田のコロッケそば、すき。志ん朝師匠もすきだったそうな。
スイスのカツカレーは発祥。
蕎麦は西新井の若竹と、恵比寿の香り家が抜群にすき。
群馬沼田のおかばやしのうどん。
銀座の天龍の餃子。通ってたときはいつでも入れた。いまや行列、しかもチェーンも多い。

新松戸のラーメン屋、極太。川越の小川菊の鰻。埼玉吉川の鰻もすき。
浅草米久のすきやき。
日暮里の馬賊のラーメン。
銀座の菊鮨、抜群。柳橋の天麩羅、大黒家。
天丼なら浅草のまさる。
森下にあるさくら鍋に、日本堤にあるさくら鍋。

まだまだキリがない。いまも定期的に行く店あり、ご無沙汰な店あり、残念ながら無くなった店あり。

あの店この食

あゝ、長崎の…
キリがない笑

食と店は味を楽しむ、雰囲気を楽しむだけでなく、自分が何故はじめにそこに行ったのか、そして、そのときの自分はどんなだったのか、思い出回顧になります。

歌は戦後の作品、「あの夢この歌」歌唱は霧島昇、二葉あき子のご両人であります。
2017.04.19 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2017.05.23 Tuesday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2538

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.