Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 夜のてのひら | main | 水色のワルツ >>

ヘッドライト

第1955回・この人、この歌

〜新沼謙治〜

今日はマンスリー歌謡ライブで、新沼謙治さんとご一緒しました。
新沼さんともこの会では三回目です。
今日お話を聞いていたら、新沼謙治さんはよく新宿末廣亭に通っていたそうな。いまもたまにご来場いただくようだ。
落語もお好きで嬉しい。
しかも紙切りで注文するってんだから笑
「紙切りは何を注文されたんですか?」
「そりゃもちろん鳩ですよ笑」
こりゃ失礼しました笑。
でも寄席が好きってのは本当に嬉しい。
ありがとうございます。

今夜、もうひとつ嬉しいのは梅田寄席。
やっぱり地元は何故かゆっくりやらせていただける。
あんまりやらない噺を思い出しながら…そんな気分にさせてくれる。

何より贅沢なのは、小はん師匠とご一緒できることが多いからだ。

なかなかわたしのキャリアで小はん師匠と寄席以外で濃密に口演できる機会は少ない。
いつもたくさんのアドバイスと思い出をこさえてくれる。

楽屋で「悋気の独楽」の話になった。
「いま、悋気の独楽ってやらなくなったねえ。たけちゃんはやるの?」
「持ちネタでありますが、確かにやらなくなりました」
「筋はわかるかい?」
「・・・たぶん」
「じゃあ、やってみればいいじゃない」
「いえいえ、急には難しいですよ」
「落語はね、たまに急にやってみるのは大切だよ。地元ってのは、そういうところなんだから」

昔の懐かしい、正しい、噺家論をたくさん持ち合わせている小はん師匠に言われたらやらないわけにいかない笑

楽屋戻ったら
「どうだった?」
「思い出すだけで精一杯でした」
「この感覚を覚えておいた方がいいよ。歳を取ったときに役に立つ」

今日は、小はん師匠に入門動機を聞いてみた。
「師匠は何故落語家になったのですか?」
「人形町末廣のおかげだね」
上野鈴本演芸場が今は一番古い寄席だが、昭和四十年代までは、同じ江戸時代創業でも人形町末廣が一番古かった。

勿論わたしは知らないから人形町末廣の話になると胸がわくわくする。

「人形町末廣のおかげとは?」
「俺はね、千住で生まれて子供の頃は人形町末廣によく通ってた。人形町末廣の真ん前に今の都電が通ってて停留所が寄席の目の前。千住四丁目発、水天宮前行が出ていたから家から一本。人形町って停留所で降りると寄席の真ん前に着く。」
確かに市販されているテープで人形町末廣で録音したであろうテープを聴くと途中途中に必ず電車の音が入ってて聴いていて味がある。
「寄席がはねる(終演して)と、みんな落語家も停留所にずらっと並ぶんだ。当時の落語家だからみんな着物で移動している。あの停留所に静かにすっと立っている姿が、本当にカッコいいんだ。キリッとしてしてね、高座の愛嬌はまるでない。すっと立っている姿が実にカッコいい、そこに夕日がさすとね、なんともいえない哀愁もあるんだ。あの停留所に静かにすっと立っている姿見て惚れちゃって落語家になったんだ。だから当時、人形町末廣が無かったら絶対に落語家にはなっていないんだ」

こういう入門動機もまた珍しい。
だから今でも小はん師匠は着物移動。ここに理由があったんだ。
「夜席がはねて、停留所に落語家が立つ。車のヘッドライトがあたるとまた哀愁がいいんだよ。」

こういう雰囲気や説明出来ない咄家の良さを体に染み込ませている最後の世代が小はん師匠世代なんです。
だからたくさん一緒にいたい。
そして私ら若造には決して出来ない、あの人形町末廣の雰囲気の芸風をもった小はん師匠世代を1席でも多く聴いていただきたい。
これは押し付けでなく、落語を愛する皆様方への願いなんです。

歌の方では、昭和52年かな?紅白歌合戦でも歌われました、歌唱・新沼謙治「ヘッドライト」。
新沼さん、昼間も歌っておられました。

新沼さんがお好きな新宿末廣亭。その新宿末廣亭では、そのむかし、「末廣三羽烏」と言われた面々がおりました。
いわゆる新宿末廣亭に実に似合う、若手の実に落語に味がある、若手落語家。
それが今の柳家小満ん師匠、そしてお亡くなりになった、はやし家林蔵師匠、そして、今日、梅田寄席に出演された柳家小はん師匠なんです。

そんな小はん師匠と、そして味があるふるさとを歌い続ける新沼謙治さんと昼夜で仕事しているわたし、不幸せなわけがありません。
幸せ一杯な1日でした。
2017.05.12 Friday | comments(1) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2017.11.20 Monday | - | --

Commnets

たけ平さん こんにちは〜。今回のブログ、たけ平さんの幸せが満ち溢れていて、こちらまで幸せのお裾分けをしていただいたような、ホッコリした気持ちになりましたよ〜(*^^*)
わりと近いので、梅島の寄席にも行ってみたくなりました!
来週の稽古べやへ友人と行く予定です。楽しみです。雨…降りませぬように(笑)

penemiki | 2017/05/12 5:44 PM

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2561

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.