Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 曠野を行く | main | お知らせ!たけ平の出囃子「蛇の目のかげで」も収録されている CD「寄席囃子集」8月23日発売! >>

国境の春

第2039回・この人、この歌

〜岡晴夫〜

さて、先日のBSジャパンの戦時歌謡特集は、「なつかしの歌声」好きな私も観たことがない映像が出まして、今回記載の「国境の春」オカッパルのオリジナル歌唱にも驚いた。

あるんですね、まだまだこういう貴重映像が…。

あんなに売れに売れた岡晴夫のオリジナル歌唱ですら、他局にはなかなかないのだ。
そんな中、テレビ東京は素晴らしい。
何本もオカッパルの映像があるんだから…。

もうオカッパルの映像は、大ヒット曲、中ヒット曲を含めて現存する映像は全て電波に乗っていたと思っていた。

あるんだね…「国境の春」が…。
すごいですよ、現存したことが凄いし、オカッパルといえば、「上海の花売娘」や「憧れのハワイ航路」に比べて格段に認知度の低い曲だ。
それがですよ、平成29年のこの時代に出たんだから、いろいろな意味で凄い!!!笑

なんだかわけがわからない…笑
が、最初に映像を観たときの感想だ。

思えば、私が懐かしい流行歌に興味を持った当初は、NHKの「昭和の歌ベスト200」から入ったもんだから、そのときは、オカッパルのどの歌も静止画であったり、映画のシーンばかりで、あゝこんなスターが居たんだなあ、と思う程度だった。

それが平成初めからスタートしたテレビ東京の「昭和歌謡大全集」といふ玉置宏さん司会の昔の「なつかしの歌声」当時の映像をふんだんに使った番組がスタートしたら、まあ、オカッパルの歌唱シーンが出るわ、出るわ…あのときは驚いた。
そのときの驚きと同じ体験を今回の「国境の春」で経験したんだから、全く未だに昔のオリジナル映像が出ないことに落胆してはいけない笑

この歌にも感謝の一言しかないですよ笑
2017.08.09 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2017.12.15 Friday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2649

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.