Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 人生に乾杯を!〜平成〜 | main | 旅笠道中 >>

悲しき竹笛

第2042回・この人、この歌

〜近江俊郎/奈良光枝〜


今日から浅草演芸ホール、8月中席の出演がはじまりました。
8月中席とは各寄席特別興行、ゴールデン番組であります。

わたしは夜席の出演です。浅草演芸ホールは、昼席が恒例、住吉踊り。
これは寄席ファン、是非とも御覧ください。
夏の寄席の風物詩でございます。

今日ね、わたし、昼席の終わりに早めに楽屋入りしたんです。
久しぶりにちゃんと住吉踊りを見ようと。

いやはや、面白かった。
やっぱり脈々と伝わるベタ芸の寄席芸は素晴らしい!!

そして、落語協会の寄席芸人の達者さは私には出来ない、やっぱり芸のある方々は余芸とはこんなに素敵なんだ、と思いました。

誰でもできるもんじゃないです。やっぱり長けていないと、住吉踊り会員にはなれません!

住吉踊りの魅力は、まずは芸人が繰り出す面白味、そして本物の踊りもまた粋、そして毎年、そのとき流行っているものを住吉踊りに入れるんですが、今年わたしが一番笑ったのは、三味線漫談でお馴染みの小円歌師匠が男性二人、二つ目さんを従えて、あの今年ブレイクしたあのお笑いの方の真似をする、、、くだらなくて可笑しかった。
小円歌師匠があの方になりきって、浅草演芸ホールのスタンドマイクで「35億」って言うんだもの笑

住吉踊りならではの貴重なシーン!笑

さて、自分の出番を終え、今席は我が師匠正蔵が夜席はトリであります。
初日ですから打ち上げがありますので、わたしも今日は最後まで残りました。

ただ、最後まで時間がある。やはり夜席出演の小団治師匠が初日だから残る、っておっしゃるので、二人で途中、寄席を抜けて喫茶店に行きました。

小団治師匠クラスと喫茶店行くのすきなんです。
昔の様々な逸話が聞けますから。

今日は、小団治師匠の師匠、目白の師匠といえば先代小さん師匠、の、話を色々伺った。

住吉踊りの流れから、余興の話になりました。

先代小さん師匠の余興といえば、百面相ですね。

「目白の師匠って失礼ながらとても不器用な気がします。百面相とかおやりになるのが意外ですよね」
と聞きましたら、元々は小さん師匠は全くそういうものは、やはり苦手だったそうな。
しかし、百面相をやる転機が訪れた。
それは、先代文楽師匠、つまり昭和の名人、黒門町の師匠に鍛えられて、百面相を始めたそうな。

先代文楽師匠といえば、大変なるスターでしたから仕事が多い。
特に当時ですから、お座敷が多かった。
先代文楽師匠は必ずといっていいほど、一時期、先代小さん師匠を前方に使い、お座敷の仕事をしたそうです。
そうすると、わざと文楽師匠、早めに高座をおりてどこかに消えちゃう。
さあ、小さん師匠、一人になっちゃう。何がなんでも時間を繋がなきゃいけない。
そこで落語だけだともたないからと、小さん師匠、苦手ながらも何か余興をもたねばならない。

そこで考えたのが百面相だそうな。

先代文楽師匠は、小さんは必ず名人になる。ただ、余興がない。
鍛えるために消えちゃうそうな。

そのおかげで百面相が出来るようになったそうな。

戦後すぐに「悲しき竹笛」って歌が流行りました。
歌唱は近江俊郎、奈良光枝のご両人。

奈良さんは背が高い。近江さんより高い。

スタンドマイクで二人で歌うと途中、近江さんが背伸びをしたりして笑わせていたそうである。

これは東京12チャンネル「なつかしの歌声」のスタッフの方々に以前伺ったとき、「あの二人の悲しき竹笛は余興ですよ。地方行くとあの近江さんの背伸びとか本当にワンワン受けるんだ、お客さんに」

人を喜ばせるのが舞台人の使命であるならば、余興ってのは本当に素晴らしい。
その醍醐味が住吉踊りにはございます。

是非とも住吉踊りを見に浅草演芸ホール、いらしてください。

寄席の夏を芸達者連で感じることができます。
2017.08.12 Saturday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2017.12.15 Friday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2653

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.