Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 軍国の母 | main | 銀座の蝶 >>

ヘイヘイブギー

第2179回
この人この歌
〜笠置シヅ子〜

熱海市民大学講座、やってきました。
案外驚いたのが、ヘイヘイブギーが、歌える方、知ってる方が、多かったこと。

そしてこの歌がやはり、笠置シヅ子メロディーブギシリーズの中でも底抜けに明るい、痛快さがある。

歌っている皆さんの顔を見ると段々笑顔になっていくのがよくわかるんで、ああ、楽しいことってのは自然と表情までも変えていくんだと、つくづく思った。

笑う門にはラッキーカムカムなんざ、たまらないフレーズだ。

笑顔ってのは罪にならないんだから人間の体ってのはよくできている。

戦後すぐの日本に、金がかからずに人が幸せになるには、とにかく笑うしかなかったといいます。
しかし、この精神は今でも同じですね。

笑うんだ、とか、笑おう、とか、ではなく、私が、好きなのは、「笑うしかない」って精神なんです。

笑うしかない、って表現が好きです。

なんか悲しいこと寂しいことがあったなら、笑えない。
しかし、そんな嫌なことがあったなら、笑うしかないんだ、って気持ちなら人は時に笑えるんです。

だから、無理に笑おうとしなくても、笑うしかないんだ、って気持ち、これね、世の中もそうでしょうが、落語もまさにそう。
笑うしかない、って気持ちがとても日本人らしくて私は好きなんです。

そんなごく自然な気持ちってのが、この歌には悲哀を明るさがカバーしています。
だから好きなんです、この歌。
2018.01.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2018.04.19 Thursday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2794

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.