Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 新宿ブルース | main | 新宿そだち >>

誰か故郷を想わざる

第2162回
この人この歌
〜霧島昇〜

昨日、BSジャパン「昭和は輝いていた」の録画みた。
古賀政男先生特集。
「誰か故郷を想わざる」のあの映像、わたし、好きだ。
あの霧島昇さん好きですわ。
あと、やってくれました!「緑の地平線」「女の階級」「サーカスの唄」もう古賀政男と言えばこの3曲は真っ先にわたしは挙げます。

古賀政男というか、そうですね、流行歌ってなんですか?たけ平さんが好きな歌謡曲ってなんですか?
といわれたとき、この3曲聴いてみてください。
この3曲みたいな世界が私は好きなんです。
と答えると思います。
「サーカスの唄」は松平晃歌唱でヒット。
「緑の地平線」「女の階級」は楠木繁夫歌唱でヒットしました。

わたしがくしくも挙げた、まさに流行歌、というこの3曲、これがまた、早くこの世を去った、楠木繁夫と松平晃というわけで…だからこそ毎度このブログにも書きますが残していきたいスター歌手なんです…。

こういう人達が出てきて、そのあと、霧島昇の時代が、来ます。


さて、昨日の放送では、美空ひばりさんが「緑の地平線」歌っていた映像でした。

やっぱりこの歌は最高傑作ですよ、歌謡曲の…です。

そして、ああ、散々聴いているのに…つくづく久しぶりに聴くとやっぱり凄い歌だなと思うのが霧島昇さん「誰か故郷を想わざる」なんですね。
昨日の映像のタイトルテロップ「誰か故郷を想はざる」になっていたところが萌えた!!笑

で、今では全く分からなくなってしまった日本語の綺麗な感覚「だれか」ではなく「たれか」なんですね、発音が。
昔は当たり前でしたが、その昔はこうでした、これを色濃く残す例として、「誰か故郷を想わざる」は存在していますよ。
これほどの良例はないかと思います。

うちのじいさんも好きな歌です。
永遠に日本人の心に迫る歌、「誰か故郷を想わざる」霧島昇さんです。

では新宿末廣亭へ。
2018.07.14 Saturday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2018.09.20 Thursday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2970

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.