Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< メモリーグラス | main | 天竜下れば >>

星娘

2170回
この人この歌
〜西郷輝彦〜

日本テレビで放送されていた火曜サスペンス劇場。
その中で全21作放送されましたのが、「警部補/佃次郎」だ。
その佃次郎役、主演は西郷輝彦さんでした。

この作品は非常に淡泊だから好きです。
赤い霊柩車シリーズとか個性押せ押せのシリーズも好きですが、西郷輝彦といふビッグスター主演なのに非常に淡泊というか、刑事さん寄りの刑事さんって感じなんですね。
よく分からない表現ですが、まあ、とにかく、あまり使いたくない言葉だけど、「普通」ってやつです。
この普通ってのが、よくて、二時間サスペンスにはこういうシリーズ、とても大切なんです。
淡々と、刑事生活を送るというか、変に個性があるわけでなく、西郷輝彦でない、佃次郎が捜査を淡々とやるわけ。
これがいいんです。
で、そんなシリーズが20作を迎えたその作品、やりやがったね笑

このシリーズは全21作。
20作目は記念、まあ、佃次郎シリーズ節目ですから。
まあ、なんともやりやがったね笑

主演は通常、西郷輝彦さんでもちろん変わらぬです。
ゲストキャストが、明らかに西郷さんの記念シリーズだからって感じなんです。

まず、西郷さんの上司役、橋幸夫!

そして、西郷さんの同級生役が、伊東ゆかり、中尾エミ、布施明!

いやいや、これ、絶対、西郷さん意識してのキャストですよね?笑

佃次郎シリーズだから出来た作品ですよ笑

他のシリーズが意味が分からない笑

この回だけは、流石にストーリーより、駄目だ…キャストを気にしてしまう。

おいおい、西郷輝彦が橋幸夫に深々謝ってるよ…とか…笑

なんだか可笑しいんです。
でもそれでもこのシリーズの中では、秀逸の一つです。
一番、哀しいと思う…そんな良い意味でつらいし、人間とはなんぞや、男女とはなんぞや、見事に描いたと思います。

そして、同級生だから…という本能と建前の刑事の葛藤…

秀逸だと思います。
良いものみました。
さあ、歌は「星娘」いきましょー。
2018.07.22 Sunday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2018.12.13 Thursday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2979

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.