Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 灰色のリズム&ブルース | main | かもめが翔んだ日 >>

緑の地平線

第2178回
この人この歌
〜楠木繁夫〜

昨日、資料を整理していたら、2015年に取材を受けた、ある教育系の雑誌で、昭和歌謡の特集で私の記事があった。
「懐かしい昭和歌謡のあなたのベスト10」
という依頼だった。
これは困ったのを思い出した。
だって、分かる方もおいででしょうけど、毎度自分の中のベスト10なんざコロコロ変わりますからね。
急に好きになったり、またふと飽きたり、でもやっぱり好きだったり…笑

それがまた歌の良いところで、つまりは、ベスト10なんざなかなか揺るがないものは存在しないのであります。
その時の私の記事にも自分でそう、かいてあった笑

で、その時の私のベスト10が書いてあり、しかも戦前に絞っていた。
無理矢理絞らせてもらった記憶が確かにある笑

その当時のを記載すると…


[个涼亙神
⇔垢量詆
サーカスの唄
す盡兇領構
テ遒硫峅任気
ε豕ブルース
Ф任傍Г
┥絣い粒抗僂
上海の花売娘
上海だより

とあった。思えば「懐かしのボレロ」とか「建設の歌」とか「国境の町」「麦と兵隊」「梅と兵隊」「満州娘」「とんがらかっちゃ駄目ヨ」「支那の夜」「誰か故郷を想わざる」「なつかしの歌声」「古き花園」「港シャンソン」「月夜船」「若鷲の歌」「海の進軍」「愛馬進軍歌」「上海ブルース」「新雪」「百万円」「明日はお立ちか」「吉良の仁吉」「花嫁行進曲」「露営の歌」「女の階級」「人妻椿」「裏町人生」「陣中髭比べ」「雨のブルース」「キャンプ小唄」「東京ラプソディ」等、果たしてどうしたのだろうか?笑
まだまだ沢山好きな戦前の歌なんざ漏れまくっている。
つまり、昭和歌謡私のベスト10なんて、絶対出来ないんですよ…笑

でもね、揺るがないものは、「緑の地平線」の第1位ってのは、揺るぎません。

これは戦前戦後通したって、ベスト10には必ず入る私の心の歌なんです。

さあ、楠木繁夫歌唱「緑の地平線」を口ずさみながら、浅草演芸ホールへ。
2018.07.30 Monday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2018.10.20 Saturday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/2987

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.