Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 旅愁 | main | 桑港のチャイナタウン >>

若い心よ旅に出よう

第2224回
この人この歌
〜林伊佐緒〜

作曲と歌唱が林伊佐緒さんだったと思います。

若い心よ旅に出よう。
いい言葉だなー。
うんとね、純粋に、いい言葉ってやつです。


つまり、わたしが心から好きな言葉か?と問われれば、あまりに健康的過ぎて、ちと照れる感じの方になる言葉ではあるが…そういうのを差し引いたら、そりゃ、いい言葉でしょう。


若人の心ってのは、良くも悪くも、まだかたまってなくて、赤ちゃんが首が座るのはいつ?というような状態でありますかね。

一番たちがわるいのは私のように若くないのになまじまだまだ心が若い、あ、ごめんなさい、心が幼稚、こっちが正しい。と、自分の尺度以上のことを物差しが狂ってるからやっちまうことがある。

昨日、「西行」を黒門亭でやりました。
西行ってやっぱり若い心よ旅に出よう、なんですよね。
イメージとしては、純粋ゆえに揉めるんです、この人笑。

「西行」って噺だけだと、然程出てきませんが、西行の人生を研究すればするほど、この人やっぱり揉めるんです、笑

「鼓ヶ滝」にはすこーし片鱗があるというか、若さゆえの慢心が垣間見られるところがある。

鉄砲玉精神といふものは、時に周りを翻弄させるわけで、それが許されるのは、若さだけでして、あー、そう考えると、反省しなければいけない、40歳がまさにここにいるわけであります。笑
 
2018.09.16 Sunday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2018.11.14 Wednesday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/3034

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.