Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 濡れつばめ〜お小夜恋慕の唄 | main | 想い出のプラットホーム >>

湖底の故郷

第2258回
この人この歌
〜東海林太郎〜

檜原村に行ってきました。
東京にまだまだこんなにも素晴らしい自然があるんだと関心と感心のダブルかんしんでしたよー。

場所は違えどこういうところに来ると思い出すのが「湖底の故郷」であります。

小河内ダム建設により、村の人々が我が家を追われたわけです。
確か戦前から建設が始まり、昭和32年あたりの完成ですよ、20年弱でしょ、大変なもんですよ。

消えゆく我が家に哀しみを覚え、そして、我が故郷に思いを馳せた…そしてそこに奥多摩湖ができたわけです。

これ、故郷歌謡ってなんか言われてもピンと来ないんですよ、だってこれ、社会歌謡でないですかね?

そんな思いが歌詞から読めてまいります。

檜原小学校に行きましたけど、そこから暫く行くともうそこは、湖です。 
お子さんによっては、東京檜原村に住んでいても、スーパーは山梨県のほうが近いからと出掛ける家族も多いそうで…
いやはや、こういう話をきくと、なるほど今日は小旅行でございます。

夕陽は赤し身は悲し
別れはつらし胸痛し

「湖底の故郷」歌唱は東海林太郎さんです。
2018.10.24 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2018.11.14 Wednesday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/3067

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.