Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< ニュートーキョーソング | main | 明日があるさ >>

熱き心に

第2275回
この人この歌
〜小林旭〜

今日午前中、千葉の物井に仕事で行ったときはなんでもなかったのですが、段々と午後から夕方にかけて、声が出づらくなりまして、どうも風邪を引いてしまいました。

発熱もいよいよ増しまして、三扇会はトップバッターで失礼をいたしました。

一過性で声が出るような対応をしたのであれでギリギリでした。

とにかく持ち時間の35分をなんとか持ちましたので良かったです。

ただ、声が急に出なくなるのと、咳が嫌ので、正直、ネタに困りました…

マクラを話ながらの候補としては、「宗論」「宮戸川」「お見立て」「西行」「金色夜叉」でした。
なんせ、出会いそして別れといふテーマ縛りもあるので、宗教に出会い親子で意見が分かれるか、男女の出会い別れとか…
その中で「お見立て」に入りました。
この噺が一番、尺が長い。
しかし、マクラふりながらふと思ったのがある先輩の言葉です。
「つらいときほど、長い噺の方が楽である」と…

それにお見立ては、咳をしたり溜めたりできることが箇所箇所あるので、自動的にお見立てに入りました。

やはり、声でつらいのが、会話会話の中で、リセットしながら話したいという理想が生まれることです。

そうすると途中咳が出来るお見立ては、非常に魅力的でした。
地噺をはじめとして、リズムでもっていく噺は、こういう時は、絶対ダメです。

むせるのはもう間違いないですからね…

早く治します。ごめんなさい!!
ただ、気持ちだけは、熱きものを持っております。
この情熱を高座でお見せできるように、早急に!です。
明日はじっくり休みます。
申し訳ありません。
2018.11.11 Sunday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2018.12.13 Thursday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/3084

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.