Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< ゲイシャワルツ | main | 燃ゆる大空 >>

もしも月給が上がったら

第2290回
この人この歌
〜林伊佐緒/新橋みどり〜

いまの前座さんって幸せだなあ、って思う瞬間がホント多い。
そしてその感覚と同時にいまの前座さんが落語が上手いのは当たり前か…とも思う…。

だって時間があるんではないかな…
私の時とは全く違う笑

あまり細かくは書かない。こここそグレーにしないと…笑

でもいまはイキイキされていますね。
わたしのころは目がみんな死んでたし、暗いし、眠いし…でもね、修行をちゃんとした前座さんらしい前座んばかりでしたから笑


おかげで私ら世代までは、生きる力はあります笑
 まあ、驚かないってことは間違いないです、はい笑
ただ、落語やったらわたしなんか直ぐ負けちゃうかな笑

まず、いま、前座さんのうちからお客様と酒宴にいられるというのが、わたしには、想像つかない世界なんで…笑
だからお客様も前座さんと話す機会が多い。
前座さんと話す機会があるんですよ!!
いまは落語界も時代はガンガン変わっています。今はそれが時代と思う心、わたしにも必要なんだろうと思います。

私が前座のときはがんじがらめの四年間でしたから、もしも二つ目にあがったら、酒宴に出られるとか、わくわく夢を抱きました。

落語は二つ目から。前座さんは前座さんですよ笑
 でも前座さんという立場は今も昔も変わりません。ぜひとも応援していただけたら、またそれが糧になります。

がんじがらめは二つ目になってからの起爆剤になったのは間違いないです。
あまりに、わたし下手だったから慌てた慌てた…笑
だから、いままで稽古も出来なかったし(前座としての用事が、多すぎで…)、それが、二つ目になると自由。
師匠宅にも、行かないし、朝から。だから、なにクソでやれました。

いまは、がんじがらめがあんまりないかもしれないから、そりゃ…上手いかもしれない、わたしはがんじがらめの生活が合ってました、結果的には。

おかげでいまがあります。
若いうちに楽をすると、そのときは上手い上手いでいいけど、技術先行で生きる力が後回しになります。

しかし、技術は、後年も可能ですが、生きる力ってのは、歳を重ねると体力的に無理になる。
だから、若いうちは、自分の時間なんざ無い方がいい。
それがわたしの考え方。
いまは全く古い考え方かもしれません笑

もしも二つ目に上がったら…あのときがなつかしいです。
でも絶対にあの頃に戻りたくもないですねー笑


「もしも月給が上がったら」歌唱は林伊佐緒さん、新橋みどりさんです。
2018.11.29 Thursday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2018.12.13 Thursday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/3099

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.