Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 誰か故郷を想わざる | main | 東京娘 >>

しあわせはどこに

第2294回
この人この歌
〜初代/コロムビアローズ〜

なにをもって落語の高座を良しとするのか。
これはなかなか正解はない。
どんなポジションでもお客様に合わせるネタをやるのか、トリはトリらしくやるのか…

文朝師匠は生前、よく寄席でトリをとると「子ほめ」でバラしていたことがあった。
なんとも素晴らしい笑
前座噺でばらすなんざたまらない名人芸ですよ!

聞いたところによると、彦六師匠も「寿限無」でばらしたり、末廣亭で志ん朝師匠が「時そば」でばらした、これは観ていた。
本来、噺家の究極はここだと思います。
これができるようになったら噺家として一人前だと思います。

残念ながら、わたしはそのいきには到底達せず、人情噺でなんとかばらしている。
でも下手なら下手なりに、と、先代小文治師匠の言葉じゃないが、全くの話でして、下手なら、一生懸命やらんとお金もらえないですよ。
わたしも上手くなるまでは、このスタンス続けるしかないですね笑

でも、本来はそんな軽い噺でばらせたらと思う。
いま、お客様が妙な錯覚で、トリは大ネタを…みたいなね…笑
あれ、いつからそうなったのかしら、間違いないのは、近年であることは間違いないです。
そして、現代的感覚のお客様が増えたことも間違いないです。
トリだから大きいネタ?実はこんな日本語はないわけでして…笑

大ネタであろうと、軽い噺であろうと、喜んでいただけたら幸いであります。


何をもって幸せといふのか、人生はとても難しい、そりゃそーです、落語一つとったって難しいんですから笑

群馬に向かってます。
初代コロムビアローズさんが群馬です。
「しあわせはどこに」お送りして、おはようございます。
2018.12.03 Monday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2018.12.13 Thursday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/3103

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.