Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 別れの波止場 | main | 野崎小唄 >>

山のけむり

第2317回
この人この歌
〜伊藤久男〜

わたしは伊藤久男さんの唄といえば、「あざみの歌」よりも「高原の旅愁」と「山のけむり」です。

昨日もBSジャパンで伊藤久男さんの「山のけむり」が放送されたが、やっぱりいいんですよ。
心が広い唄ってのは好きです。

「幾年消えて流れゆく…」なんて歌詞があり、ああ、わたしもこういう広い気持ちを持ちたいと思っていたら、ある方が「いや、それは、人によるでしょう。嫌なことを言われてそれを相手が何も感じていないとしたらそんなことを考える必要性はない」と言われて至極最もだと思ったものです。
つまり、こちらが心広く構えるのでも相手によりけりってやつなんですね。

さて、年末になると、唄も聴きたくなるが、昔の二時間サスペンスの撮りだめをみる。

いま盛んに観ていますのが、「西村京太郎トラベルミステリー」です。
テレビで西村京太郎シリーズは今でも残っていますが、わたしは絶対的に十津川警部が三橋達也さん、亀井刑事が愛川欽也さんの元祖コンビであります。
この二人のコンビは三橋達也さんがお亡くなりになるまで随分続きまして、いま再放送しているのが昭和58年あたりから昭和63年あたりの嬉しい懐かしいところ。
やっぱり三橋達也さんの十津川警部が肩に力が入ってなくてとても好き。
それからかしまし娘のみなさんや、球児先生が出てきたりとなんとも嬉しい限りだし、この頃はホントしっかりとトラベルミステリーなんですわ。
細かい笑
こんなこと鉄道マニアしか知らないだろうことを普通の人がトリックに使うんだから素晴らしい笑

スマートフォンもない、メールも携帯電話もない、だから出来たトリックばかりで、平成も終わる今だからこそなんとなく寂しくてならない。

年末はゆっくりとしたいものです。
2018.12.29 Saturday | comments(0) | trackbacks(0)-

スポンサーサイト

2019.01.18 Friday | - | --

Post a Comment






Trackback URL

http://meikyoku-pei.jugem.jp/trackback/3126

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.