Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SPONSORED LINKS

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

蒲田行進曲

第2218回
この人この歌
〜川崎豊/曽我直子〜

足立区生まれ足立区育ちのわたしにとって、やはり千住という町は昔ながらの繁華であり、それはまた今隆盛を極めております。

昔も昔のその昔、千住は映画や寄席がたくさんあったんです。
わたしが子供のころもかすかに2カ所くらいは記憶があります。
が、久しぶりに千住を調べてみました。
まあ、あるわ、あるわ、ですよ笑

まず、千住劇場、大正期に出来ました。大正5年に金美館となりまして、松竹や大映で、一番当たったのが「君の名は」でしょうね。
昭和36年に閉館だって。

中央館。昭和8年に開館。B級映画専門だったらしい。戦前、大都ってやつね、戦時中に大映と合併したあの大都。昭和19年閉館だって。知らなかった。

千住でも柳原地域にも映画館があったんだ。綾瀬館。昭和12開館。戦後は三益劇場となった。うーん、三益劇場ってのはなんとなく聞いたことある。昭和40年代に閉館したらしい。

寿劇場。昭和22年にスタート。こちらは地方芝居専門の芝居小屋。昭和50年閉館。東千代之介がよく出ていたってんだから、凄いわー。

ミリオン座。千住仲町にもあったんですよ、映画館。だからいまないけど未だにあそこはミリオン通り商店街って名前だけある。昭和25年開館。昭和57年閉館。千住では珍しい唯一の洋画専門映画館。うちの母親なんかはしょっちゅう行っていたそうな。

千住シネマ。こちらは新東宝系の映画館。昭和31年開館。昭和40年代にはストリップに変わったらしい。昭和44年閉館。

千住演芸館。名前は寄席っぽいけど映画館。千住で一番古い映画館だったそうな。大正末スタート老舗。昭和11年には千住東宝に改名。戦後はゴジラが当たります。昭和53年、八甲田山の映画で閉館。

大川亭。こちらは寄席。明治に出来て、大正には、千住会館と改名。昭和24年閉館。しかし、昭和29年には映画館として復活して、名前が千住日活。石原裕次郎や吉永小百合が銀幕で当たるが後に千住のポルノ映画館として有名になるものの、昭和56年に火事で焼失。しかし、昭和58年には白亜のビルになり、地下に千住名画座となる。平成9年閉館。この千住名画座、これはもう明確にわたし記憶があります。しかし、まあ、この千住名画座がまさか元は大川亭って寄席からスタートして、こんなに歴史ある流れがあったとは驚愕!

小松亭。こちらは落語ではない。浄瑠璃、浪曲など…明治末開館で昭和20年閉館。いまクリーニング屋さんの小松クリーニング。

千住新橋館。昭和三年開館。千住新橋降りたところには先輩方は懐かしい市電があった千住四丁目電停があり、栄えていたところにあった。千住柳町が色っぽいところだったから栄えていた。昭和40年には千住東映と改名。任侠映画があたる。昭和63年閉館。この千住東映はわたしもバッチリ記憶があります。

こうやって千住の映画館や寄席や劇場の類を調べると、千住って大衆芸能の町だったんですね。

思えばですね、戦前なら日活、東宝、新興キネマ、大都。戦後なら東宝、松竹、東映、日活、新東宝、大映って、千住には全ての映画があったんです!!

そして、千住の町には市電が走り、銭湯が怒濤の如くあり、なんとまあ芸能文化、大衆のスタイルブックだったわけですねー。
いま、若者に人気のおしゃれな町として人気の千住ですが、どうでしょうか、わたしはこんな情緒あふれる、下町千住であったころが羨ましくてならない。

ああ、下町はやっぱりわたしのふるさとなんです。

映画といえばこの歌、「蒲田行進曲」戦前のヒット曲ですねー。
2018.09.09 Sunday | comments(0) | trackbacks(0)-

白いジープのパトロール

第2217回
この人この歌
〜曽根史朗〜

今日は昼間が西新井ギャラクシティにて、足立区の警察署主催の交通安全のイベントで落語一席やってきました。
800人満席!
そして、夜が、湘南台文化センターで希望寄席出演、こちらもキャパが何百と、でかい。

でかいところで2カ所仕事ってのは、お客様の数に圧倒され、いやはや、疲労感は半端ないんですよねー。
多分、落語自体が地味なもんですから、より大きく見せようとするからリズムや間がチョイと寄席とは違うんで、だと、おもいます。

いわゆる、我々の世界でいう、ザ、営業ってやつですね。
営業の典型的な感じ2カ所といったところ。

2カ所とも大変に喜んでくださったのでよかった。
で、ちなみに明日は日本医師会のシンポジウム的なところでの落語講演なんで、明日は大宮ソニックシティだからこちらも1000近いキャパのでかいところなんです…早く寝ないと…笑

で、今日は綾瀬警察の方に記念品もいただきました。

そう、あの、ピーポー君のぬいぐるみです笑

あー、こういうところで頂けるのか、と思いました。
ちなみに霞が関の警視庁に行けば売店ありまして、一般の方も購入できます。

が、考えてみれば、あんまり行かないですよね笑

だから、何故か頂けたのうれしかった笑

警察母体自体、大きいから今日のような大きいキャパのところでもまだまだ足りない。
今日は交通課の方対象となりました。
わたしが驚いたのは、おまわりさんって、立ち振る舞いが綺麗なんですよー。
立ち姿もピッと綺麗。
落語家は案外姿勢悪い。
ピッとしている姿勢の落語って嫌なもんです笑

だからついつい姿勢悪い。とはいえ、やはり、もう少し姿勢良くしなきゃなんて、おまわりさんを見て感じるんです〜

曽根史朗さんの歌、ありましたね、大好きです「白いジープのパトロール」お送りします。
2018.09.08 Saturday | comments(0) | trackbacks(0)-

出せ一億の底力

第2216回
この人この歌
〜藤山一郎/二葉あき子〜

各レコード会社より出ました競作です。
コロムビアは藤山一郎、二葉あき子歌唱でした。
戦時歌謡です。
よってなんだかんだ言う方もおいでになるかもしれませんが、わたしは毎度申し上げておりますが、歌に罪はございませんし、また、この戦時歌謡というものが青春であった方々もおいでになったわけですので…。

まあともかく、この歌詞を見て、おや、一周廻って新鮮だな、と想った言葉があります。
「まっしぐら」です。
この、まっしぐらって言葉をこの歌の中では数回使用しています。

いま、世の中、何においても「まっしぐら」といふ観念が薄れつつあるのではないか、とおもいます。
だから、昔ほど「まっしぐら」って言葉を使わなくなったような気がします。

ちなみに頭に「ま」がつきますから東京の言葉ですねー。
「真ん中」を東京風で言うと?「真ん真ん中」です。
ちなみに関西だと「ど真ん中」となります。

東京の落語で「ど真ん中」を使用すると関西弁を話していることになりますから私らは気をつけなければいけない。
ちなみに、関西では「格好いい」、東京では「様子がいい」となります。

が、これは、わたしは承知のうえで、「格好いい」は連発しています。
もちろん、古典中の古典では「様子がいい」を使用していますが、普段の日常会話では「格好いい」を使用します。 だって、伝わらなくてめんどくさいんですもの笑

承知のうえで使用するぶんにはいいと思っています。

日常会話潤滑にする術としています笑

さあ、話がそれましたが、「まっしぐら」といふ言葉が妙に新鮮なんです。

わたしは一つのことに打ち込み身を投じ周りが見えなくなる人が好きです。

まっしぐら精神は職人の心だからです。
いま世の中がなんとなく妙にドライで、まっしぐらな人を変わり者とかする感じがしますが、やっぱり舞台人のわたしには、まっしぐら精神は憧れの的です。

なぜ、憧れの的なのか?案外出来ないからなんです。

でもわたしはまだましです。
出来ないと思えど、まっしぐらに憧れているからです。
いまは、まっしぐらに憧れすらしない風潮もあり、またその理由として、バカバカしいだとか、恥ずかしいだとか、変わってるとか、色んなこと言われちゃうからです。笑

わたしは人とのコミュニケーションが下手です。
下町気質を武器にするつもりはないですけど、感情で人との対峙するしかできないならです。
これが良いとは決して想わない。
でも、感情だけで対峙するって、まっしぐらだからなんです。

落ち着いて話をしよう…
ってのがよくありますけど、落ち着いていられない内容だからこそ、感情的になるわけで、それだけその人にまっしぐらなわけであります。

でも、そうだな…いけないのかもしれないですね笑

いわゆる大人げないと言われれば返す言葉ございませんもの笑

でもそれこそ冷静に考えて、落ち着いて話せない内容を落ち着いて話をするということが、言葉の矛盾であるともおもいます。

なんて、昔、談志師匠とはなしたら「お前は損なやつだな。バカだよ。」と言われました。
けど、師匠…師匠なんざ感情的の代表じゃない…なんて、心の中で想いましたけど、言えるわけない笑

談志師匠、実に東京風だった。

だから、バカだよ、なんておっしゃっていたけど、分かっていただけたんじゃないかな、ともいまは思っています。

茨城の文化会館なんかで、たしか、楽屋で「出せ一億の底力」を歌っていて、係の方が困惑していたのが、いまも鮮明に、浮かびます。

はずかしくてもいい、まっしぐらな方は魅力的でした。




2018.09.07 Friday | comments(0) | trackbacks(0)-

隣組

第2215回
この人この歌
〜徳山たまき〜

徳山たまきさんのたまきが変換できなく平仮名ですみません〜

もっともっと長生きしてもらいたかった歌い手さんですよ。
昭和17年でしたっけ?38歳でこの世を去ります。
「ルンペン節」「天国に結ぶ戀」「歩くうた」「侍ニッポン」等々ヒット曲も多いし、また、声楽家としても活躍したり、古川ロッパさんの一座に入り、コミカルな演技で人気を博したという。

中で「隣組」という歌も徳山たまきのヒット曲。
トントンとんからりと隣組〜って、お馴染みのあれ。

ドリフ大爆笑のオープニング、ドンドンドリフの〜ってこの隣組です。

なんで今日はこの歌かというと、引越まして、遅くなりましたが、そろそろ同じ階の方へご挨拶行かなきゃいけない…
なかなかタイミング合わず今頃になりました。

ホントちょっとしたもので良いんです。
でもちょっとしたものが分からなくて…なんだかんだで今になりました。

下町では昔は手拭い一本持って挨拶行きましたね、みなさん。
手拭い一本ってのが、セコくない。
なんか、粋に子供のころ感じました。
いま、手拭い一本持っていく勇気がない…笑

でも昔の下町の引越挨拶って、手拭い一本だったんです。
多くて二本。
それが引越挨拶だったわけで。
もらう側も見返りを求めたりとかもさらさらない、そんな良き日本であります。

わたしが子供のころの思い出としては、手拭い一本持ってご挨拶来られた方に朝、売りに来たあさりやしじみをばあさんがあげていた記憶があります。

下町はまさに隣組でして、そんな程度の付き合いが長く深く付き合えるわけで…という象徴かとおもいます。

最初格好つけると後々ボロがでたりと、大変だから、家はざっかけないところでこんな程度ですから、遠慮なく、何かあったらどーぞ、ってスタンスが下町観念であって、それがとても素敵に見えた。

だから、学校帰りに、そのお宅の前を通ると、&#34847;石やチョークをもらったり、駄菓子もらったり…

いまは大変かな笑

でも風情は確実にまだわたしが子供のころですら、下町は良い意味で時代の流れが少しだけ、止まっていたようです。

だって、これ、平成の初めですよ。
あさりやしじみを売りに来たり、歩いてれば駄菓子屋がバカみたいに多かったり、怒濤のごとく、銭湯があったり、向かいの家は三味線の師匠のお稽古場のある家だったり…

そんな環境で育ってきました。
だから、やたらに、いけないのかな、「情」がないとどうも嫌です。
「恩」でなく、情けがないと嫌なんですねー笑

自分自身の環境って、子供のころに形成されるって言いますけど、今頃になって、ホントそうだな、っておもいます。

「隣組」歌唱は徳山たまきさんです。
2018.09.06 Thursday | comments(0) | trackbacks(0)-

後追い三味線

第2214回
この人この歌
〜榎本美佐江〜

久しぶりに長唄稽古に午前中行ってきた。
なかなか行けない。
今日は「鳥羽絵」でした。
というか、今日から「鳥羽絵」のお稽古でした。
鳥羽絵って、歌はさることながら、台詞まわしもあるから、なかなか面白い。
え?勿論、下手です笑

でも歌謡曲と違って、あくまで託されるものが、我が身だけでして、多少の音程の繊細さがあるにせよ、あくまで譜割がないため、雰囲気重視で歌うのが長唄なため、寄席芸人にはカチッと決めたマニュアルがないから長唄は歌いやすい。
数字を歌につけるとしたら、鳥羽絵なら…

「どっこいしめたぞしめたぞどっこい」なら「 ↓、 ↓ぁ↓、 6。ぁ↓、 ↓ ↓ ↓、 

「おっとそこらは瓢箪で」は「、7、7、 7、6、7」となる。
丸が付いてる数字は一つ上の音階、丸が付いてないのが普通の音階だ。
と、いま、勝手に決めてみた。
,鉢◆↓△廊,茲蟆瓩瓦靴森發雰囲気で歌う、これだけ。
つまり、厳密に,呂覆鵑箸で、△呂覆鵑箸である、という、決まりはないのです。
6より7は、6よりは高く歌うけど,茲蠅歪磴歌う。
だからあくまで厳密なルールがないので我が身に託されるというわけ。

どうでしょう、いかにも日本人らしいではありませんか。
この曖昧さがたまらないので、落語に充分通じる、通じるというか、全く一緒ですね笑

だから、落語もここはおかしいとかあまり突いてはいけない芸能なんです。

悪い意味で取らないでいただきたいのですが、あくまで「だいたい」やりゃあ、それでいいっていふ、古来の大衆芸能なわけです。
さあ、榎本美佐江さんです。
「後追い三味線」で再度スタートにたちましたー。
2018.09.05 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0)-

カタカナ忠義

第2213回
この人この歌
〜鶴田六郎〜

戦友みてくれ倅の手紙、今年や1年アイウエオ〜

「カタカナ忠義」って、鶴田六郎さんの歌じゃないけれど、「筆の乱れは心の乱れ」といふ言葉を初めて知ったのは、松本清張作「書道教授」といふ作品を知ったのが始まりです。

過去この作品は3回かな、テレビドラマ化されました。
主演は、近藤正臣、風間杜夫、船越英一郎と時代とともに変わります。
初回、近藤正臣さんの書道教授が一番好きですが、より、主人公川上といふ銀行員を演じるのは風間杜夫さんがリアルで楽しい。
また、ホステスに手を出し、それでいてある種まっとうに物事を考えられる演出は船越英一郎さんの書道教授もまた良かったです。


全ての作品において私がこの話が好きなのは、主人公の銀行員の川上といふ男が落ち着いた語り口でしっかりとストーリーを展開させていくところです。

そして冴えない男、刺激なき男が、理性を崩壊させ、本能で生きていくところ…

しかし、その本能が後にとんでもない展開を引き起こさせるそのループ…

これね、わかってるんですが…男ならチョイと肩を持ってしまういわゆる本能の壁といふところでしょうか。
そのあたり、この作品は包み隠さず描く、わたしはお蔭様でこのような展開、全くございませんが、人ならあり得るかもよ…って話ですわ。

本能ってのは、当人が思っている以上に理性を遙かに超えるエネルギーがある…

そこが怖いのです。
松本清張さんの作品はこのメッセージの無い作品は皆無でしょう。
必ずこのテイストがございます。
特に、書道教授はいけません笑

子供のころ、変に怖かった作品です。
そして、子供のみるもんじゃなかった…と、大人になりわかりました笑

だから、大人ならではの…っては絶対にこれからも大切にしていきたい娯楽なわけでして…

いまは風潮ですか、みんなが楽しめる…みたいなものがどうも苦手で…

大衆芸能のみんなが楽しめる…とは意味が違います。

いまは規制が多いです。
規制が多くてもいいけど、趣味嗜好を奪っちゃいかんですよ、やっぱり。

規制が多い分、なんだか上辺には一昔前の日本より健康的に見えますが、いやいや、いまは過去最大に不健康ではないかしら笑

心豊かなるものを健康であるとか、正義であるとか、理性であるとか、で、欠如させていくのは与太郎でありましょう。

綺麗な感じではありますけど、おかげで年々、人間らしさは失っていきます。

そこの恐怖があまりにも理解されない怖さね…

落語だって、同じくだと思いまーす。
世の中的な正論をぶつけられても、それは尋常なところで展開をぶつけていただき、まず根本、落語に理性はないですよ。
人間の本能をさらけ出す芸能ですから、そこに正論をぶつけられても…笑

これはまるで、犬に道路でおしっこしちゃいけない、って言ってるんです。
道路でおしっこしちゃいけない、これ、正論、でも、犬ですよ。
つまり、これを落語にあてはめれば、正論だろうけど、落語家ですよ…ってことです。

「〜が感じ悪かった」とか「〜がつまらなかった」とか「〜が失礼だった」とか…落語ですからね…笑

ってことです。

そこんところの芸人のモヤモヤ感、そう、松本清張作品は解消してくれるんです。
だから、松本清張作品好きな落語家ってホント多いですもの。

松本清張さんが「芝浜」をきいてがっかりした…って噺を聴いたことがある。
またさらにその芝浜を聴いてえらく感動されている客席を見て、立ち上がれないくらいショックだった、という…

流石、先生、落語よくご存知ですなー。笑


2018.09.04 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0)-

時の流れに身をまかせ

第2212回
この人この歌
〜テレサテン〜

足立区の都営バス停に京成中組というバス停がある。
好きな名前だ。
京成中組。
京成線の千住大橋駅前にとまる。
千住大橋というバス停が次のバス停があるが、千住大橋駅に行きたい人は千住大橋バス停で降りると大変面倒ですから、必ず京成中組で降りてください。
いまでも間違えて京成線の千住大橋駅に行きたいからと、千住大橋バス停で降りてえらい歩くはめになってしまう方が多発。
しかし、かたくなに、千住大橋駅前のバス停は京成中組である。
いいじゃないか!笑

江戸時代、ご存知の方も多いでしょう、千住は宿場町でした。
その集落を組に分けていた。
で、千住大橋駅付近は、中組という組でした。

つまり、今や貴重なんですよ、ちゃんとバス停で、宿場町時代の名前を残しているってえのは。
時代がどれだけ流れようと、下町の人間って、我が町を愛しまして、またその我が町の歴史に興味がある。

地域に住んでいる人たちの後世伝承パワーがない限り、こういう地名はすぐさまに今のチープな感じの分かり易さ、効率重視の名前に変わってしまう。
だからこそ、中組は残ってもらいたい!

東京スカイツリー前だとか、勘弁してもらいたい。
やっぱりあそこは東武線、業平橋駅のままが良かったなあ…
だから、バスも京成中組であり、絶対に千住大橋駅前なんていう名前にはなってほしくないのであります。

下町にはまだまだバス停で歴史を残すとこ沢山あるんだから、住んでいる人の地域愛、感じますよ。
吉原大門ってバス停もまだあるし…

東組ってやはり、組を残してるバス停もある。
みんな下町ですよ、そういうの。
町名とっても神田あたりはまだ良い名前残している。
〇〇何丁目なんて、歴史を簡単に壊し、なんでも何丁目にするの、ホント勘弁してもらいたい。
あと、市の名前とか学校統合後の名前とか、なんか、変に平仮名にして、しかもひねりがない。
歴史なんて後世に残す意味あります?っていわんばかりの主張で悲しい限り。

京成中組、時代に流されないでほしいです笑

「時の流れに身をまかせ」歌唱はテレサテンさんですー。
2018.09.03 Monday | comments(0) | trackbacks(0)-

娘船頭さん

第2211回
この人この歌
〜美空ひばり〜


今日は婦人部会さん主催の独演会に行ってきました。
毎年、呼んでいただいております。
ホントにおばさまたちが可愛いんです。
明るいし、含みがなくて、そして、勘ぐりがない。
こういう雰囲気が私は、ああ、噺家になって良かったなあ、と思うんですよ。
落語に、対しての聴き方ってのも、純粋に大いに楽しみましょう!それだけ。
それだけだから、落語です。 ってことを無意識にご存知なんですよね、みなさん。
だからホントに盛り上がるし、三席タップリ喜んでいただける。
この噺はどうだああだ、とか、そういうの全くなし。
というか、落語にそれ不要ですよね?というスタンスがやっぱり落語の本流の聴き方でホッとします。

お客様も入りきれない170名くらいですか、毎年満員御礼のうえに、楽しみにしてくださっているんです。

ああ、こういう雰囲気の高座ってのをもっと聴いてもらいたいなあ、と思いますね。いわゆる落語が好きである、という方には。

いまは聴き方ヘンテコになりがちでちと寂しいです。

でもね、まだまだこういう会に伺うとホントに落語ってのは楽しいですし、大衆芸能ですよ、ってことを描いています。

あの世代、やはり歌は美空ひばりさんがよろしいようで、今夜は「娘船頭さん」でおやすみなさいー。

気持ちよく仕事できました!ありがとうございます。
心から感謝申し上げますー。
おやすみなさいー
2018.09.02 Sunday | comments(0) | trackbacks(0)-

他人の関係

第2210回
この人この歌
〜金井克子〜

なぜか必ず、西新井のステージオの独演会が昼間で、夜が梅島の住区センターの独演会となる。
互いに全く関係がないのに何故かこの2カ所がツイになっているから面白い笑

同じ足立区である、という共通点だけで互いに無関係の仕事ってのは不思議でこれがもう何年も続いている笑

不思議だ。
お客様の反応も何故か似ている笑

やっぱり不思議。
他人の関係って歌を聞くたんびに朝馬師匠が「六尺棒」といふ落語の中で入れる「遊び」を思い出す。
「お前とあたしは他人の関係だ」って親父がいうとすかさず、あの金井克子さんのポーズで「パッパパヤッパ…」で息子がやる笑

あのくだり好きだ笑
前座の頃、朝馬師匠が「録音」にはいるとこのくだりが好きでしみじみみていたっけ笑

他人の関係ってタイトルもまた好きだ。
洒落ているけどストレートであります。

お送りしましょー、ポーズとともになんと当時子供たちもわけもわからず歌ってこのポーズをやっていたそうな…笑

「他人の関係」です。
パッパパヤッパ…
2018.09.01 Saturday | comments(0) | trackbacks(0)-

誰よりも君を愛す

第2209回
この人この歌
〜松尾和子/和田弘とマヒナスターズ〜


ミニストップのソフトクリームが美味しいと熱海の福屋に教わってから食べるようにしてます。
なんせ、コンビニ情報に疎い私は何も知らない。
昨日、静岡クラウンメロンのソフトクリームを食べましたが、ホントに旨かった。
紙切りの正楽師匠もやたらにソフトクリームが大好きで、暑いときはソフトクリーム食べると体内から涼しくなる、なんて、ホントかね、と思っていたが、まさにで、清涼が体内を駆け巡る。
一気に涼やかになる。
いよいよ9月になろうといふのに、この暑さはどうしたものか…残暑も何も今年はめちゃくちゃで、年中暑いのではないか、と、錯覚すら覚える。
誰よりも誰よりも君をアイス〜、あっ、愛す〜

いきましょう、レコード大賞にも、輝きました、松尾和子さんとマヒナ面々でお馴染みの歌、お送りしますー。

では浅草演芸ホールへ。
2018.08.31 Friday | comments(0) | trackbacks(0)-

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.